こんにちは!三重県松阪市に拠点を置き、県内の各地域で電気設備の設置、電気工事などを手がけている株式会社中村電工です。
インフラの一角に携わる電気工事は、人々の暮らしを支えるという点で重要です。
中でも重要視されるのが、受変電設備工事です。
あまり耳慣れない言葉かもしれませんが、この施工は皆さまの生活に深い関わりを持っています。
そこで今回は、受変電設備工事についてご紹介します。

受変電設備工事とは


キュービクル式高圧受電設備という機械があります。
発電所から変電所を経由して送られてくる電気は、6600Vと非常に高圧に設定されており、そのままの利用ができません。
そんなとき活躍するのが、主にキュービクルと略して呼ばれるこの機械で、電気を100V、200Vなどに降圧して利用できる状態へと変えてくれます。
箱状の設備であるキュービクルは、商業施設や工場、集合住宅などの屋上や駐車場の隅に設置されます。
この設備を介することで照明や冷房、エレベーターや製造に関わる機器など、さまざまな設備へと電力を供給します。
電気設備を動かすための根幹であり、キュービクルなくてはすべての設備が利用できなくなってしまうのです。

一日の流れをご紹介

重要度の高いキュービクルの設置ですが、今回は古くなった装置を新しいものと交換する際の施工の流れを簡潔に追ってみたいと思います。
最初に行うのは、古くなった設備の撤去です。
キュービクルには、それなりの大きさと重さがあるため、重機などを用いて取り外します。
撤去した場所へ新しい設備を取り付けるためには、土台となる基礎や金属製の架台を新調する必要があります。
屋外に置かれることが多いため、地面に直置きというわけにはいきません。
確保した台の上へ、クレーンを用いて新しい設備を搬入したら、次は配線の接続です。
キュービクルと電線を接続し、計器類を設置して、キュービクルから正常に電気が送られているかの確認を済ませることで、ようやく設置に関する一連の業務が終了します。
あくまで一例に過ぎませんが、受変電設備工事の作業は、おおまかにこういった流れで行われています。

【求人】中村電工では新規スタッフを募集中!


中村電工では、正社員として電気工事の現場に携わってくださる方を募集しております。
弊社は、福利厚生も充実しており、社員一人ひとりのプライベートを重視する働きやすい職場環境です。
やる気さえあれば、年齢や経験は問いません。
受変電設備工事などのさまざまな施工を身につけて、電気工事士のプロフェッショナルを目指しませんか?
あなたのご応募をお待ちしております。
お気軽に採用情報からご連絡ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。


三重県松阪市の電気工事は株式会社中村電工へ!
ただいま新たな電気工事士を求人募集中です!
〒515-0845
三重県松阪市伊勢寺町2783-7
電話:0598-58-4988 FAX:0598-58-4989
代表直通:090-8865-0904